へら鮒釣具 冨田

メニューボタン

天然竹のぬくもり
手に伝わる繊細なアタリ
趣味だからこそ、こだわりのある
あなただけの竿をお作りします

へら竿師の店

Scroll

釣りは道具でもっと楽しくなる

へら鮒釣りの醍醐味は、
なんと言っても魚との駆け引き。
竿を振り込む。
エサの付いた針が沈み、浮子が垂直に立つ。
浮子の動きを見ながら、
水中の魚の動きを想像する。
浮子が、徐々に上がり
エサ落ちメモリに近づく。

いいぞ、さあ来い。

ツンというアタリにあわせると、
魚との力のやり取りが手に伝わり、
竹の反発力で自然に魚を
水面に上げてくれる。
これがカーボンとは違う竹竿の釣り味だ。

そんな竹竿の魅力に取りつかれ
趣味の竿づくりが高じて
へら竿師になりました。
へら鮒釣りを楽しむあなたに
あなたに合った、
あなただけの竹竿をお作りします。

Tomita

竹竿の特長

  • 01/

    1つとして同じものがない
    特長1写真

    天然の竹は個々に外観、張り、硬さに個性があります。作者によって竹質、生地組、火入れ等の製竿方面が違います。竹、作者の違いから作られた竿にも個性が生まれます。個性が愛着になる理由で、楽しさだと思います。

  • 02/

    見た目の美しさ
    特長2写真

    昔の釣り竿は竹そのままでしたが、近年では竹に保湿性、吸湿性、通気性、染色性、引っ張り強度に優れた絹糸を巻き、漆を塗って補強しています。漆は硬化すると溶剤の影響を受けず、接着性、耐熱性に優れ、重厚な独特の輝き、艶があります。漆塗りに装飾を施すことにより、見た目の美しさ、デザイン性が向上します。また、使い込むほど、竹と漆の独特の味が出てきます。

  • 03/

    長く使える
    特長3写真

    竹は使っていくうちに曲がってしまうこともあり、まっすぐに矯正するには高温で柔らかい炎の炭火を使います。竹の表面に塗っている漆は熱に強く耐久性もあるので、見た目の美しさが損なわれずに修理できます。手入れを怠らなければ50年は楽に使え、それ以上長く使うこともできます。

  • 04/

    張りがある
    特長4写真

    竹は節があり、張りがある。竹を縦に割いて内側を観察すると節の内側は肉厚です。仕舞い込める穴を開けても節は肉厚であり、これも張りを生む一因です。竹材は、繊維が縦方向に平行に並んでいるため、繊維方向に張りがあり、特に表皮に近いほど繊維の密度が高く、しなやかで折れにくい性質を持ち、木材とほぼ同様の成分で構成されています。炭火の火入れで、繊維は炭化して原竹より一段と強靭に、張りを生み出します。

  • 05/

    しなやかさを合わせ持つ
    特長5写真

    火入れを施した竹は強靭な繊維てあっても、しなやかさを合わせ持ちます。成育環境から、風で倒れたり折れることを避けるしなやかさを持っていて、餌打ち、合わせ、取り込み時はしなやかさがソフト感を生み出して、腕への衝撃を最小限にします。

竹竿の楽しみ方

  • 作る楽しみ

    作る楽しみ

    お客様との対話を大切にし、見た目の好み、調子、竿の長さ、よく行く釣場などを伺い製作します。へら竿師と一緒にあなただけの竹竿を作り上げましょう。

  • 釣る楽しみ

    釣る楽しみ

    自分の好みに合わせオーダーで作った竹竿で釣る楽しみは格別です。竿を振り込む時、魚を上げる時、竹竿ならではの感覚を存分に味わってください。

  • 愛でる楽しみ

    愛でる楽しみ

    お気に入りの竹竿は、眺めているだけでもワクワクしてきます。自慢できる竹竿を1本持っていると、釣りがもっと楽しくなります。

あなたの釣り方や好みに合わせた竹竿を作ります

冨田写真

冨田 信一

1958年生まれ、千葉県習志野市出身。
2013年、前職の役職定年時に、残りの人生は好きなことをしたくて釣具屋を開業。孤舟式の川端氏に師事し、伝統的な竹竿の製法を学ぶ。自身のブランド名『恵一作』は妻の名前の久恵と信一を合わせたもの。現在、お客様と一緒に釣りを楽しみながら、その人に合った竹竿をオーダーメイドで製作しています。

アクセス

へら鮒釣具 冨田

住所

〒285-0837 千葉県佐倉市王子台5-36-4

電話番号

043-461-1436

営業時間

9:00~20:00

定休日

火曜・水曜・第二土曜・第四日曜
京成臼井駅より徒歩15分 
Google Map 地図
コンタクト1写真 コンタクト2写真

ご注文承ります

オーダー製作

竹竿のほか、道具製作も承ります。

竿掛けセット(万力、二又、竿掛け) / 玉網 / 玉置

修理

道具の修理も承ります。

竿(竹・カーボン) / 万力 / 二又 / 竿掛け / 玉網 / 玉置